===「王の男」===


 退屈なまでの日常生活に飽き飽きしていた王と、宮廷に仕える重臣、生きるためにたまたまその町に来た大道芸人達ちの人間模様を描いた作品。韓国の歴史上稀代の暴君に立ち向かう芸人魂がすごい。また、王といえどもなかなか自分の思うようにいかないジレンマも、理解できるような気がする。随所に韓国伝統楽器で演奏される場面があって、興味津々であった。

監督: イ・ジュニク
出演: カム・ウソン(芸人チャンセン役)、 チョン・ジニョン(王ヨンサン役)、カン・ソンヨン(チャンノクス役)、 イ・ジュンギ(コンギル役)

(あらすじ)
朝鮮時代燕山朝。男寺党の芸人チャンセン(カム・ウソン)は力のある両班にかこわれた生活を拒否し、 たった1人の友であると同時に最高の仲間であるコンギル(イ・ジュンギ)とより大きな場を求め漢陽にやって来る。

生まれつきの才とカリスマで娯楽集団のリーダーとなったチャンセンは、コンギルとともにヨンサン(チョン・ジニョン)と彼の妾ノクス(カン・ソンヨン)を皮肉る芸を見せ漢陽名物となる。
公演は大成功をおさめるが、 彼らは王を侮辱した罪で義禁府にしょっ引かれる。義禁府で審問に苦しめられていたチャンセンは、特有の度胸を発揮して王を笑わせてみせると広言するが、実際王の前で公演を始めると芸人全員が凍りついた。

チャンセンも極度の緊張の中で王を笑わせるため努力するが王はピクリともせず... ちょうどその時、大人しいコンギルが機転を利かせ特有のずるがしこい演技を披露すると王は我慢できないかのように大きく笑ってしまう。彼らの公演に満足した王は宮内に芸人達の居場所、喜楽園を用意してくれる。

宮に入った芸人達は調子に乗り貧官汚吏の非理を皮肉る公演を披露して王を楽しませる。しかし重臣達の雰囲気が冷ややかだと感知した王が重臣の中で1人笑わなかったから、と貧官汚吏の名目で刑罰を下だし宴会場には緊張感が漂う。

続く宴会で芸人達は女人達の暗闘で王が後宮に死薬を渡す京劇を演じ、 ヨンサンは同じ理由で王に死薬を渡された生みの母廃妃ユンシを思い出して激怒、その場で先王の女人達を刀で切りつけ死なせる。

c0023584_187772.jpg




女性よりも美しいコンギルを特別扱いする燕山君。
そして、嫉妬に燃える燕山君の愛人、ノクス。
生まれて初めて豪華なもてなしを受けた二人は次々と芸を繰り広げ、王は徐々に彼らの世界へとはまっていく。

退屈な宮中生活に苦しんでいた燕山君は毎晩コンギルを自分の部屋に呼び込むが…
コンギルを王に奪われ、寂しさを隠せないチャンセン。
彼は時間が経つにつれ、ますます凶悪で乱暴になっていく王から離れる準備をしる。

一方、ノクスは王の関心を自分に向けさせるため、策略を企てるが…
公演する度に宮が血の海に変わるからと興を失ったチャンセンは宮を離れると言うがコンギルは何故か残ると言う。 その間に王に反発した重臣達は芸人を追い出すための陰謀を企み、王の関心を芸人に奪われたという嫉妬心に包まれたノクスも陰湿な計略を練る。

                            「innolife.net」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2006-08-27 17:40 | 映画・ドラマ・文化芸能 | Comments(0)