日本が世界で最も豊かな国?!


 国連の研究機関が5日発表した「世界の個人の富の状況」調査で、為替レートで計算した一人当たりでは米国や欧州、産油国も上回って日本が世界で最も豊かな国となる結果が出た。また、世界の成人人口の1%が世界中の家計の「富」の約4割を所有し、世界の半数を占める貧しい人々は「富」の1%しか所有していないという地球規模の格差の実態も浮き彫りになった。

 調査は、国連大学直属の研究機関である国連大学世界開発経済研究所(ヘルシンキ)が初めて実施。00年の各国政府や国際機構の統計をもとに、不動産や預貯金などの個人の資産から借金などの負債を差し引いたものを「富」と定義した。
 それによると、世界中の家計の富を合計すると125兆ドル。一人あたり2万5000ドルとなった。国別に見ると日本は一人あたりの富が18万1000ドル(約2千万円)でトップ。米国の14万4000ドルなどを上回った。ただ、物価水準を考慮した購買力平価で計算すると、日本はスイスや米国、英国などを下回った。

 日本の特徴について、調査は「90年代の不動産や株式の市況の低迷も反映し、預貯金など流動性の高い資産を強く好んでいる」と指摘している。
 貧しい地域ではコンゴ(旧ザイール)が一人あたり180ドル、エチオピアは193ドルなどで、北米やヨーロッパ、日本などとの千倍規模の激しい格差を示している。

世界を10人の集団にたとえると、一人が99%の富を独占し、
残りの1%を9割の人が分けてる


状態だという。
2006.12.6「朝日新聞」より

c0023584_01766.jpg


[PR]
by mikannohanasakuok | 2006-12-07 09:13 | 政治、経済、社会 | Comments(0)