===「ゆ れ る」===

c0023584_19254284.jpg

監督・脚本・原案・・・西川 美和
                       キャスト 早川  猛・・・・・・オダギリジョー
                             早川  稔・・・・・・香川 照之
                             早川 勇・・・・・・伊武 雅刀
                             川端 智恵子・・・・真木 よう子

 東京に出て写真家として成功している猛が、母の一周忌のために実家に帰る。実家は父と兄・稔がガソリンスタンドを経営している。ガソリンスタンドに、幼馴染だった近所の智恵子が就職していた。兄・稔と智恵子が仕事中いつも中よさそうに話し合ってるのを見て、嫉妬から彼女をアパートに送っ際に、そのまま部屋に上がりこんで犯してしまう。

 翌日3人で昔よく遊びに行った渓谷にドライヴに行く。稔は川の中に入って子供のようにはしゃいでいる。猛は、一人で写真機を持って山のなかへ入っていく。川から見上げると、丁度猛がつり橋を渡っているところであった。
智恵子は「私もいきたい。ねっ、一緒に行きましょうよ。」、稔は「僕は高所恐怖症だから行かない。危ないから行かないほうがいいよ。」智恵子はすこし考えていたが、「私一人でいってきます。」猛を追ってつり橋のほうに走っていく。つり橋の半ばまで来ると、下のほうに猛の姿が見えたので、大きな声で呼ぶが聞こえない。猛のところへ行こうと,おもったっ瞬間、稔が肩をつかむ。娘がびっくりして、体制を崩した瞬間、つり橋から落ちて死んでしまう。

 稔が突き落とした殺人事件なのか、不可抗力による落下事件なのか。猛の見たことが「ゆれる」。稔は殺人容疑で逮捕される。兄の不可抗力であるとの供述に、猛も間違いがないと証言するが、その後の尋問で稔の供述は嘘だっと、証言を翻す。
高所恐怖症の稔が何故つり橋まで行ったのか、また猛は何故証言を翻したのか。
[PR]
by mikannohanasakuok | 2007-04-07 19:11 | 映画・ドラマ・文化芸能 | Comments(0)