LANケーブルのWire Reference

c0023584_1638819.jpg

画像をクリックすると鮮明に見えます。


 RJ45のLANケーブルには、ストレートケーブルとクロスケーブルがあり、図のような線の配列で両端にモジュラーを取り付けた場合ストレートケーブルになります。
色の配列によってEIA/TIA568A規格とEIA/TIA568B規格に分かれています。
 また、各色が1ペアになって撚られています。例えば緑と白緑が1つのペア、青と白青が1つのペアで全体で4ペアになっています。ペアが割れるとノイズがのって通信できないことがあります。
EIA/TIA568Aでの橙と白橙、EIA/TIA568Bの緑と白緑は一見ペアが割れているように見えますが、モジュラーのところの15mmぐらいの部分だけで、その先はペアになっています。
[PR]
by mikannohanasakuok | 2007-04-25 16:57 | 技術 | Comments(0)