カテゴリ:工事担任者(AI種)( 21 )

1.TEI(端末終端点識別子)、SAPI(サービスアクセスポイント)に対する端末種類、情報の種類を下の語群から選びなさい。

a.TEI 0~63 ( )

b.TEI 64~126 ( )

c.TEI 127( )

d.SAPI 0 ( )

e.SAPI 16 ( )

f.SAPI 63 ( )
 

【語  群】
 
 イ.レイヤ2マネージメント手順   ロ.自動設定用端末用   
 ハ.呼制御信号 ニ.情報転送用  ホ.非自動設定用端末用  
 ヘ.パケット通信手順   



2.LAPDとLAPBの違いについて、下記の問いに答えなさい。

a.レイヤ2プロトコルには、Dチャネルを介して呼制御信号やパケット情報を転送するプロトコル(    )と、Bチャネルを介してパケット情報を転送するプロトコル(    )がある。

b.LAPDではアドレスフィールド(A)と制御(C)フィールドの長さがそれぞれ( )オクテットに対しLAPBでは各( )オクテットになっている。

c.LAPDの情報フィールド(I)は最大(   )オクテットであるが、LAPBの情報フィールド(I)は最大(    )オクテットになる。転送できる情報量はLAPBの方が大幅に多くなっている。

d.LAPDのアドレスフィールド(A)は、(    )と(   )の情報が含まれている。これに対しLAPBのアドレスフィールド(A)は、ネットワークからの情報か、ユーザーからの情報化を区別するもののみ。ユーザーからの場合は( )で、ネットワークからの場合は( )が固定的に割り当てられている。

e.LAPDのモジェロは(  )、LAPBのモジェロは( )、オプションで(   )
また、LAPDの情報転送動作モードは(  )形と(   )形、LAPBの情報転送動作モードは(  )形である。

【語  群】
 イ.260  ロ.3  ハ.LAPD  ニ.2  ホ.LAPB  ヘ.1  ト.8  チ.128 リ.非確認 ヌ.TEI  ル.確認  ヲ.SAPI  ワ.4099


【解  答】

1・
 a.(ホ)
 b.(ロ)
 c.(ニ)
 d.(ハ)
 e.(ヘ)
 f.(イ)

2.
 a.(ハ)、(ホ)
 b.(ニ)、(へ)
 c.(イ)、(ワ)
 d.(ヌ)、(ヲ)、(ロ)、(ヘ)
 e.(チ)、(ト)、(チ)、(リ)、(ル)、(ル)
[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-12-27 21:53 | 工事担任者(AI種) | Comments(4)

1.下記の説明に対する言葉を下の語群から選びなさい。

(1)電話とコンピュータを連動させて、着信と同時に顧客情報を表示。発信時にも情報を確認しながらお客様とお話ができます。

(2)各電話会社の通話料を比較し、なるべく安い電話会社を利用するように自動的に識別番号をつける電話機の機能。

(3)電話帳や発信・着信履歴より、番号を表示させてから発信ボタンを押してから電話をかけられる。

(4)同じ相手にかける際に、番号を表示させてワンタッチで発信可能。

(5) ルーム音声モニター機能により、社外からダイレクトに室内の音を聞いたり、呼びかけたりすることができます。また、オプションのネットワークカメラと連動することにより、簡易的な防犯システムを構築できる。


【語 群】

プリセットダイヤル発信機能  ルームモニター   コールアシスタント  再ダイヤル 
ACR


2.非同期式変復調回路装置の回路構成における回路の説明に該当する言葉を選びなさい。

(1)ディジタル信号をアナログ信号に変換する装置。(   )

(2)アナログ信号をディジタル信号に変換する装置。(      )

(3)雑音等帯域外の周波数成分を除去する装置。(      )

(4)アナログ信号の振幅を一定にそろえる装置。(    )

(5)受信信号レベルを監視し、回線故障、通話終了を検出する装置。(        )

(6)矩形波に整形する装置(    )


【語 群】

周波数弁別器  スライサ  リミッタ  帯域フィルター Eキャリア検出回路  変調器 



3.同期式変復調回路の名称に対応する説明を選びなさい。

(1)アッテネーター( )

(2)フィルター( )

(3)前置イコライザー( )

(4)キャリア検出回路( )

(5)自動利得調整回路( )

(6)D/A変換回路( )

(7)A/D変換回路( )

(8)スクランブル回路( )

(9)デスクランブル回路( )

【解 説】
A.減衰、ひずみ等を受けた信号を元に復元する。
B.ダイビットやトリビット等のディジタル信号をアナログ信号に変換する。
C.アナログ信号をディジタル信号に変換する。
D.信号に含まれている雑音等の不要信号を取り除く。
E..信号の搬送波のレベルを常時監視し一定のレベル以上の信号が到来した場合、データー 端末を起動する為の情報を送出する。また、キャリアが検出できないときは、信号が受信出来ていないことを知らせる。
F.温度変化などで伝送損失が変動しても一定レベルで受信できるよう利得を調整する。
G.スクランブルされた符号を元の配列に戻す。
H.送信電力を線路損失の大小に応じて規定レベルに調整する。
I.ディジタル信号の受信タイミングを確実にするため、「1」、「0」が連続しないようディジタル符号の配列を変えて送出する。


解答
1.
(1)コールアシスタント
(2)ACR
(3)プリセットダイヤル発信機能
(4)再ダイヤル
(5)ルームモニター 

2.
(1)変調器
(2)周波数弁別器
(3)帯域フィルター
(4)リミッタ
(5)キャリア検出回路
(6)スライサ

3.
(1) H
(2) D
(3) A
(4) E
(5) F
(6) B
(7) C
(8) I
(9) G
[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-10-30 19:26 | 工事担任者(AI種) | Comments(0)

1.ディジタル式電話交換機の動作原理についてカッコ内に回路名を入れなさい。

c0023584_14223576.jpg


(1)A電話機がオンフックすると、その状態は(     )によって検出される。

(2)中央制御装置は、(    )の走査内容を一定に速い周期で監視しているので、A電話の発呼を直ちに検出する。

(3)中央制御装置は、集線スイッチに接続されるハイウエイの(       )を補捉するとともに(        )から集線スイッチに固定バスで引き込まれている発信用の(       )にA電話機を接続して(   )を聴取させる。

(4)A電話機がDP信号を送出すると直流の断続は(     )で検出され、DPRがダイヤル数字の検出を行い、(      )に伝達する。

(5)中央制御装置は、ダイヤル数字から加入者Bを識別すると、、(     )を予約し、A電話機には(       )から呼び出し音を、B電話機には(     )から呼び出し信号を送出してベルを鳴らす。

(6)LSCNはB電話機の応答(     )を検出すると(      )に伝達する。

(7)中央制御装置は、(    )にB電話を接続する。

(8)A電話からの送話は加入者回路で8ビットの信号に変換され、(     )で多重化され、さらに集線スイッチでバスが集線された送信バスとなって(         )(       )に送られる。

(9)タイムスイッチでは、A電話からの8ビット信号は(      )の制御により時間位置を(    )の(      )に入れ替える。

(10)その信号は、集線スイッチ、(    )を経由し加入者回路で音声に復元されB電話で受話される。


【語 群】
空きチャンネル  中央制御装置  加入者線信号装置  タイムスロット  加入者回路
発信音  分配段バス  LSCN  予約バス  B電話機
分離装置 多重化装置  ディジタルスイッチ  オンフック  オフフック



解 答
(1)加入者回路
(2)LSCN
(3)空きチャンネル  加入者線信号装置  タイムスロット  発信音
(4)加入者回路  中央制御装置  
(5)分配段バス  加入者信号装置  加入者回路  
(6)オフフック  中央制御装置
(7)予約バス
(8)多重化装置  ディジタルスイッチ  タイムスイッチ
(9)中央制御装置  B電話機  タイムスロット
(10)分離装置
[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-10-24 21:39 | 工事担任者(AI種) | Comments(0)

1.次の文章は何を説明しているか下の語群から選びなさい。

(1)ネットワーク管理に使う「ping」と呼ばれるプログラムを悪用し、対象のコンピュータを使用不能にする攻撃手法。pingはもともと相手のコンピュータが応答するかどうかを調べる単純なプログラムだが、これを使って規定のサイズを遥かに超える巨大なIPパケットを相手に送り付け、対象のコンピュータやルータをクラッシュさせてしまう。

(2)単純な文字を片っ端から組み合わせて解読を試みる見る方法。すべての考えられる数字や文字の組合せを総当りで試みる。

(3)パスワードとして正規のユーザーが使いそうな文字列(辞書に載っていそうな単語など)を辞書として用意しておき、これらをパスワードとして機械的に次々に指定してパスワードを解析する方法。

(4)電圧ー電流特性が非直線的な抵抗素子。加える電圧を増加すると抵抗値が急激に減少する。低電圧装置、異常電圧の吸収、接点保護などに使用。

(5)炭素避雷器に比べて放電開始電圧が低く、放電開始速度が速く、また2電極間で放電開始までの時間差が小さいため2線間に電位差が生じにくい。

(6)傍受したパケットを繰り返しSIPサーバー等に送りつける攻撃。



【語 群】

ブルートフォースト攻撃   Ping of Death  リプレー攻撃   3極避雷管   バリスター特性      辞書攻撃 

『ネットワーク攻撃関連用語集』


2.カッコ内に入る適切な言葉を語群の中から選びなさい。

(1)通信設備の接地には、(     )と(     )がある。(     )は設備からの(    )であり、(     )は回路の保護や電位変動の防止による(     )を図る目的で接地する。

(2)電子ボタン電話装置の電話機への配線は、一般に2対(   )屋内配線を用い(   )同士の心線を(対)として用いる。ディジタル式ボタン電話装置のバス配線などディジタル信号を伝送する屋内配線には、(   )対形屋内配線や通信用フラットケーブルを用いる。

(3)一般に、加入者への配線用線路として架空線路を設置する場合には(   )ケーブル等を架渉し、(     )を取り付けて直接加入者への配線を行なう。

(4)ディジタル式電話交換機は、通話路にタイムスイッチを用い交換接続を全てディジタル信号で行なう。ハードウエアーの系構成は(       )方式であり、機能面からCP(  )系、SP(    )系、SG(  )系、MO(    )系に大別される。

(5)ディジタル交換方式の集線スイッチ方式には、(  )スイッチを用いてアナログ信号のまま集線する方式と、ディジタル信号を(   )スイッチを用いて集線する方式がある。

(6)蓄積プログラム制御方式による、電話交換機の交換処理プログラムは、交換機の機能から、一般に(    )、(   )、(    )、故障修理及び診断処理プログラムなどで構成されている。


【語 群】

PEC   対角線   実行管理   PVC   保安用接地   CCP   接続端子函  
呼処理   感電防止   通信用接地   運転管理   動作安定化   蓄積プログラム  
通話   空間   中央処理   タイム   保守   信号処理
 



解答
1.
(1)Ping of Death
(2)ブルートフォースト攻撃
(3)辞書攻撃
(4)バリスター特性
(5)3極避雷管
(6)リプレー攻撃

2.
(1)保安用設置  通信用設置  保安用設置  感電防止  通信用設置  動作安定化
(2)PEC  対角線  PVC
(3)CCP  接続端子函

(4)蓄積プログラム  中央処理  通話  信号処理   保守
  ディジタル電話交換機は中央制御通話信号守る
  中央制御  通話 信号処理(信号)  保守(守る)

(5)空間  タイム 
  
(6)運転管理  呼処理  実行管理   
  交換処理プログラムの故障診断運転管理者をび出して実行してもらう。
  故障修理(故障)  診断  運転管理  呼処理(呼)  実行管理(実行)

[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-10-22 19:12 | 工事担任者(AI種) | Comments(0)

カッコ内に入る適切な言葉を下の語群から選びなさい。

1.国際ISDN番号計画は、ITU-T勧告E.164において、(   )(CC)、(       )(NDC)、(     )(SN)により構成されており、最大桁数は(  )である。実際の設定においては、ネットワークやサービスを選択するプレフィックスや端末を選択する為のサブアドレスが付加されることがあるが、これはISDN番号計画には含まれない。

2.ISDNユーザー・網インターフェースのITU-T勧告における参照構成で空白部分を埋めなさい。

NT1:(     )、レイヤ1多重化、(        )、レイヤ1伝送路保守、(  )

NT2:(    )、LAN、PABX。伝送手順(レイヤ2機能)、通信パスの設定、開放、サービス内容の解釈等の機能(レイヤ3機能)

TE1:Iシリーズ勧告に準拠したインターフェースを持つ(        )。速度整合、呼設定、レディフォーデーター整合機能。

TA:TE2をISDNに接続する為の装置で、(        )、(    )などの機能を持つ。

TE2:V,Xシリーズ勧告等に準拠したインターフェースを持つ(         )である。

3.
a.ISDN基本ユーザー・網インターフースのレイヤ2プロトコルは、(    )と呼ばれ、HDLC手順の非同期平衡モード(    )を基本としてISDN特有の機能を追加したものである。(    )と(    )で大きく異なる点は、LAPDでは一つの物理回線上で(  )のレイヤ2のデーターリンクが設定できる。

b.LAPDでは、HDLCのアドレスフィールドが(      )に拡大され、サービスアクセスポイント識別子(    )( )ビットと端末終端点識別子(   )( )ビットという種類のサブフィールドが設けられ、これら二つの識別子によりDチャネル上で複数のデーターリンクを識別する。

c.端末終端点識別端子は、バス上に接続された複数の端末のうち、どの端末の信号かを識別するものであり、相手端末と通信を開始する前に必ず端末終端点識別子の値( )~(   )が設定される。なお、バス上の(     )に対して着呼信号を伝達するときには、全ての端末の端末終端点識別子の値は同じ値の(   )に設定される。

d.送信確認には、LAPBの順序番号については3ビットのモジェロ( )が基本とされ、7ビットのモジェロ(   )はオプションとしているが、LAPDでは連続して送れるフレーム数が大きく高いスループットが実現できるモジェロ(   )のみを使用している。


語群
同期確立   レイヤ1競合制御   加入者番号   電気的特性の変換  
伝送路終端   給電   ISDN非標準端末   8   端末制御装置   SAPI  
7   127   128   複数   複数の端末   LAPB  
126   2オクテット   国内あて先番号   国番号  15  
6   LAPD   TEI   ISDN標準端末   0




解答

1.国番号  国内あて先番号  加入者番号  15

2.
 NE1:伝送路終端  レイヤ1競合制御  給電
 NE2:端末制御装置
 TE1:ISDN標準端末
  TA:電気的特性の変換  同期確立  
 TE2:ISDN非標準端末

3.
 a.LAPD  LAPB  LAPD  LAPB  複数
 b.2オクテット  SAPI  6  TEI  7    
 c.0  126  複数の端末  127
 d.8  128  128  
[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-10-18 09:39 | 工事担任者(AI種) | Comments(0)

1.全浮動方式における負荷電圧補償方式でカッコ内に入る適切な言葉を下記の語群から選びなさい。

 a.直流電源給電方式では、商用電源を入力とし平常時は整流器と蓄電池から負荷に (  )電力を供給し商用電源が停電時には蓄電池から負荷に電力を供給する全浮動方式がよく用いられる。

 b.全浮動方式では蓄電池の (    ) を補う程度に充電しながら同時に負荷に電力を供給する。

 c.端電池方式は、端電池を (    ) することにより蓄電池放電時の電圧の低下を補うものであり、浮動時と均等充電時の負荷電圧を(     )に維持するためも端電池の投入,切断の制御が行われる。

 d.シリコンドロッパ(SID)方式は、負荷と蓄電池の間にシリコンドロッパを挿入する構成とし、シリコンダイオードの (   )特性(電流が大幅に変化しても (    )はあまり変化しない)を利用して、負荷電圧の変動を抑える方法を採っている。なお負荷電圧の調整はシリコンドロッパの (  ) を変えることにより行う。

 e.ブースタ方式では、充電,浮動,放電時等の電圧変動を負荷と蓄電池の間に挿入する (         )により調整する方法を採っている。この方法は電圧制御機能が電子化されており出力電圧値の精度が高く、 (      )も小さい特徴を持っている。

 f.(    )方式では、整流器と蓄電池から比較的高圧の直流電圧を出力し、これを電力室から離れた機械室等に設置したコンバータで (     )電圧に変換して負荷へ給電する方法を採っている。この方法はコンバータへの入力電圧を比較的高くすることにより電流を小さくできるため給電線の (   )を図ることができる。


語群

許容範囲内  直列投入  正方向  電圧降下  ブースタコンバータ  個数  直流    
瞬時電圧変動  電圧変換  低圧の直流  細心化  自己放電 



2.下記のカッコ内に入る適切な言葉を下の語群から選びなさい。.

 a.整流回路とは、(  )を(  )に変換する回路をいい、(     )といわれ、(  )を(  )に変換する回路を(     )という。

 b.整流回路において、交流入力1サイクルの間の整流出力波形の繰り返し数を(      )といい、この整流パルス数が(  )ほど整流波形は直流に近くなり、交流入力電流は(   )に近くなる。また整流パルス数が(  )ほど(       )も簡単なもので済む。

 c.交流電源を直流電源に変換する装置には、(         )整流装置が広く使用されている。この装置では入力の交流電圧を直接整流した後、(       )等で高周波に変換し、さらに、この高周波をトランスにより電圧変換した後、再び整流回路で直流に変換している。このようにして得られた得られた直流は、波を打ったような部分(   )を含んでいる。このため(    )によりこれを取り除く。

 d.直流電力を交流電力に変換する装置を(      )という。

 e.ある電圧レベルの直流入力をそれとは異なる直流電圧に変換する装置を(      )という。この装置の基本的な回路構成には、入力と出力の間に電圧降下を生じさせる抵抗や半導体等を用いて必要な直流電圧に変換する(           )と、スイッチング素子により直流入力をいったん方形波交流に変換した後にトランスにより必要な電圧に昇圧又は降圧して再度直流に変換する(             )とがある。

 f.通信用電源装置には、パワートランジスターを用いる事により従来の電動発電機やセレン整流素子等を用いたものに比べて大幅な小型、軽量化を実現したスイッチング電源装置が普及 した。その後一層適応に優れた(      )が開発された。

 g.高周波スイッチング素流装置では、出力電圧の安定化制御のため高周波の(    )制御を採用いている。この制御回路には、一般に(      )方式のものが使用されている。 出力電圧と基準電圧の差を検出し、この検出結果に基づき(   )等のスイッチング素子を駆動し、電圧が低くなればパルス幅を(  )してスイッチング素子の導通時間を(  )し、逆に出力電圧が高 くなろうとすればパルス幅を(  )してスイッチング素子の導通時間を(  )することによって、電圧が一定になるようにし御する。


語群

平滑回路  MOS型FET  インバーター  長く  高周波スイッチング  増加
逆変換回路  順変換回路  直流  交流  シリーズレギュレーター  コンバーター  
スイッチングレギュレーター  パルス幅  増加  減少  短く  整流パルス  平滑フィルター  MOSFET  リプル  GTO     

3.下記のカッコ内に入る適切な言葉を下の語群から選びなさい。

 a.シール鉛電池は電槽を密閉形にしてフィルター付排気栓で酸霧を凝結させ、防爆対策としては充電中に陽極から発生した(  )を陰極で吸収させたり、酸素と水素を排気栓に設けた 触媒等で( )に還元する方法を取っている。

 b.鉛電池におけるサルフェーションとは、(    )や(   )によってできた(   )の結晶が活物質を厚く覆った現象。活物質が脱落する等寿命を著しく短くする。

 c.据置シール鉛電池の基本は、正(陽)極板に(    )を、負(陰)極板には(    )を用い、電解液はゲル状で流動性を少なくし、両極間に(      )を置いて密閉電層に収容したものである。

 d.一般的な蓄電池を予備電源とした場合、自己放電の目減りを考慮し、いつでも予備電源装置として機能を発揮できるよう定期的な(    )、(   )の補充等の保守作業が必要に なる。

 e.電解液として(       )などの強アルカリ性溶液を用いた2次電池を総称して(    )電池と呼ぶ。一般に、アルカリ電池といえば(          )蓄電池をさしている場合が多い。蓄電池と異なり充放電に伴う電解液の濃度変化はほとんどない。この蓄電池を分類すると開放型と密閉型に、また活物質を保持する極板の種類によって(    )式、(    )式、(  )式に分けられる。この電池は鉛電池に比較して、高率放電、(    )、サイクル寿命などの点で優れているが、低電圧、高価格等の欠点がある。


語群

蒸留水  水酸化カリウム  硫酸鉛  均等充電  セパレーター  低温特性  チューブ ポケット  ニッケル・カドミウム  アルカリ  焼結  水  海綿状の鉛  自己放電  酸素
過放電  二酸化鉛


解答
1.a.直流
  b.自己放電
  c.直列投入 許容範囲内
  d.正方向 電圧降下 個数
  e.ブースタコンバータ 瞬時電圧変動
  f.電圧変換 低圧の直流 細心化

2.a.交流   直流 順変換回路 直流  交流  逆変換回路
  b.整流 パルス数  多い  正弦波 多い 平滑フィルター
  c.高周波スイッチング MOS型FET リプル 平滑回路
  d.インバーター
  e.コンバーター シリーズレギュレーター  スイッチングレギュレーター
  f.MOSFET
  g.パルス幅 インバーター GTO 増加  長く  減少  短く

3.a.酸素 水
  b.自己放電 過放電 硫酸鉛
  c.二酸化鉛 海綿状の鉛   セパレーター
  d.均等充電 蒸留水
  e.水酸化カリウム アルカリ ニッケル・カドミウム ポケット チューブ 焼結 低温特性


整流回路の知識に関しては下記HP→エレクトロニクス知識→整流回路へ
    mizunaga.jp
[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-10-16 11:24 | 工事担任者(AI種) | Comments(0)

1.ディジタル式PBXの内線回路名称を答えよ。
c0023584_2122035.gif

  1.S(                )
  
  2.T(                )
  
  3.U(                )
  
  4.W(                )
  
  5.X(               )
  
  6.Y(                )
  
  7.Z(                )
  
語群
復号器:デコーダー  過電圧保護回路  応答検出回路  直流監視回路  
平衡回路網  符号器:コーダー  通話電流供給回路  





解答
  1.S(応答検出回路)
  2.T(直流監視回路)
  3.U(平衡回路網) 
  4.W(過電圧保護回路)
  5.X(通話電流供給回路)
  6.Y(符号器:コーダー)
  7.Z(復号器:デコーダー)
[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-10-14 21:38 | 工事担任者(AI種) | Comments(0)

1.ディジタル式PBXの内線回路のボオルシュト(BORSCHT)について下の語群の中から該当するものを選びなさい。
  

  B:(     )
  O:(     )
  R:(     )
  S:(     )
  C:(     )
  H:(     )
  T:(     )


語群
1.呼出信号送出  2.ループ監視  3.通話電流供給  4.過電圧保護  5.試験引き込み
6.2線-4線変換  7.A/D/・D/A変換



2.通信設備の交流電源装置
下記の特徴に該当する方式を下の語群から選ぶなさい。

ア・インバーターと蓄電池が直結しているため信頼性が高い。最も多く利用されている。( )

イ・インバーターと蓄電池の間に「装置」を設け、停電時のみ直流スイッチをONにすることによりバックアップする方式。( )

ウ・小容量で、バックアップ時間が5~10分の場合に使用される。放電時の蓄電池電圧に「装置」の出力電圧を重畳させることにより、インバーターの入力電圧まで高め、蓄電池のセル数を低減し、蓄電池体積を減少させる。( )


語群
1.昇圧コンバーター方式  2.フロート充電方式  3.直流スイッチ方式




解答
1.
B:(通話電流供給)(Battery-feed)
O:(過電圧保護)(Overvoltage protection)
R:(呼出信号送出)(Ringing)
S:(ループ監視)(Supervision)
C:(A/D・/D/A変換)(Codec)
H:(2線ー4線変換)(Hybrid)
T:(試験引き込み)(Test)

2.
(ア):2 
(イ):3
(ウ):1 
[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-10-13 22:28 | 工事担任者(AI種) | Comments(0)

1.下記の言葉の説明文を選びなさい。また、適当な言葉をカッコ内に入れなさい。

デビエーション( )             VCO( 
プリアンブル )              キャリア( 
テレコントロール( )             変調( 
RSSI( )                  スプリアス( 
受信感度( 
テレメータ( 
キャリアセンス( 
ベースバンド伝送方式( 


イ 「遠隔制御」のことで、電波を使い遠隔地点にある装置、機械などを無線コントロールする装置です。 主にクレーン、コンクリートポンプ車、土木、建設、林業等の産業機械の遠隔操作に使用します。


ロ 「遠隔測定データ伝送」のことで、電波を使い遠隔地点にある測定装置などの測定結果を伝送する装置です。一般的に、ホストから測定するセンサー(水位、温度、湿度、電圧、電流、流量等)を持つ機器に転送データがあるか問い合わせ、あればデータを引き取るようにして複数の機器から情報を収集します。
 

ハ 送受信機間のデータ伝送で必要なフレームの同期を確立のためにフレームの先頭に付加して送られる信号で、0と1を交互に繰り返すビットストリームなどがあります。
 

ニ 単位は[dBm]で、受信電力が1[mW]の時を0[dBm]として相対的な電力で表します。規定方法はメーカによって違い、SINADやエラー率などで規定します。


ホ 目的の電波以外に出る不要輻射のこと。これが多いと他の通信に悪影響を与えます。


ヘ 周波数変調方式における周波数偏移のことです。

 
ト キャリアセンスに使われる、受信装置から出力される受信信号の強度を表わす信号です。


チ 入力に加えた信号電圧により発振周波数を変える事ができる発振器。FM変調やFSK変調で使われます。
 

リ 情報を載せるための伝送路に適した信号。

 
ヌ 送信装置から電波を発射する場合はそのチャンネルが空いているか調べる必要がありこの事を指します。使用されていれば他のチャンネルに切り替えて、もし空いていれば初めて電波を発射することができます。


ル 情報を電気信号に変換した状態のままで伝送する方式です。


オ 伝送路に適した搬送波(キャリア)のパラメータをベースバンド信号に比例して変化させることです。無線伝送ではベースバンド周波数帯を高周波の周波数帯に移行させる操作を指しす。



2.下記の言葉の説明文を選びなさい。また、適当な言葉をカッコ内に入れなさい。

バーストエラー( )               C/N( 
雑音指数( )                  前置イコライザ( 
インターリーブ( )               スペクトラム拡散通信( 


イ キャリア対ノイズ比(搬送波電力対雑音電力比)。受信信号電力と雑音電力の比。

 
ロ 入力のSN比と出力のSN比との比率を表し、この値が小さいほど増幅回路の性能が良いことを示す。

 
ハ 無線LANやBluetoothで使用されている通信方式。直接拡散方式(DSSS)、周波数ホッピング方式(FHSS)などがあり、無線LANは DSSS、BluetoothはFHSSです。信号スペクトラムを広帯域に拡散することによりマルチアクセス、耐ノイズ性、秘匿性などを実現しています。
 

ニ 突発的に起こる連続したデータエラーで、数バイトに渡るようなエラーが起これば誤り訂正機能を施しても受信側で全てを復号できません。

 
ホ 伝送路のバーストエラーに対処する技術。バーストエラーでのデータ欠落を防ぐために、誤り訂正機能を含んだデータストリームを分散させ、バーストエラーがあっても受信装置側での復号時に誤り訂正機能が有効に働くようにする手法です。


ヘ アナログ信号が電気通信回線を伝送されくる過程で生ずる減衰ひずみ及び群遅延歪みを低減する。


3.カッコ内に入る適当な言葉を下の語群から選びなさい。

イ アナログモデム:ITU-T勧告V.92では、インターネット等に接続してデーターを送受信している最中に電話の着信が合った場合に、その着信に応答するためにインターネット等の接続を遮断することなくデーター伝送を一定時間中断し、通話終了後に中断していたデーター伝送を再開できる機能(           )、下り方向最大56kbit/s、上り方向最大48kbit/sのPCM信号を使用し送信速度を改良した機能(           )、設備センターに接続する為の情報を記憶しておくことにより、接続に要する時間が20秒かかっていたものを10秒に短縮した機能(        )等がある。


ロ ITU-T勧告V.42ではデーター端末から調歩式データーを受け、それを同期式データーとして送信する全二重モデムの(       )を規定してる。その手順はHDLC手順をベースとして(   )が採用され、(   )方式によりエラー検出を行なっていいる。


ハ CCDセンサーは、半導体を使用した撮像素子であり、ファクシミリでは(       )を走査線上に一列に配列し、画像の1走査分を一度に(    )する。CCDでは、半導体に入射した光の量に比例した(  )が蓄積され順次転送される。


ニ ファクシミリの制御手順には、数種類の単一周波数のトーンを用いる(    )手順と、データー伝送用に開発されたHDLC手順のフォーマットに基ずく信号形式を用いる(    )手順とがある。前者は(   )機及び(   )に採用されており、後者は主に(   )機に用いられている。(    )手順の制御信号はITU-T勧告T.30の規定に基ずくもので、伝送モードの標準はV.21に規定する(   )bit/sの同期モードである。

ホ ファクシミリにおける静電記録方式は、送られてきた記録情報を特殊な記録紙上に電圧を加え、遂次電圧を加え、(  )の形で(    )として記録し、次に(    )に黒色の微粉末(トナー)を吸着させて加熱し、紙面に固定して可視画像を得るものである。この過程における紙面に電圧を加える部分が(    )であり、一列に配置されている。

ヘ 親子電話とは、固定電話の中で,特に電線で接続されていない端末(子機)を持っているものをいいます。通信の方式としてはアナログ方式が主流です.いくつか方式があり,例えば親機送信(   )MHz帯,子機送信(   )MHz帯というものがあります.アナログ方式では通話ごとに周波数帯が変更されますので,毎回同一の周波数を用いるわけではありませんが,単に無線通信しているだけですので周囲数100メートル程度から盗聴されることがあります。中には音声信号の反転による秘話機能を有しているものもありますが,市販されている機器で通常の信号に戻せてしまいます。従って重要な連絡には有線で繋がった親機を用いることが推奨されるようです。

語 群

静電潜像   光電変換   エラー訂正手順   電荷   250   半導体受光素子  
CRC   記録電極   トナー   380   FCS   250   G1形 G2形   
モデム・オン・ホールド  トーナル   バイナリ   PCMアップストリーム   G3形  
300   クイックコネク


解答
1.デビエーション(ヘ)           VCO(チ)
 プリアンブル(ハ)             キャリア(リ)
 テレコントロール(イ)           変調(オ)
 RSSI(ト)                  スプリアス(ホ)
 受信感度(ニ)
 テレメータ(ロ)
 キャリアセンス(ヌ)
 ベースバンド伝送方式(ル)

2.バーストエラー(ニ)               C/N(イ)
  雑音指数(ロ)                  前置イコライザ(へ)
  インターリーブ(ホ)               スペクトラム拡散通信(ハ)

3.
イ モデム・オン・ホールド  PCMアップストリーム  クイックコネクト
ロ エラー訂正手順  FCS  CRC
ハ 半導体受光素子   光電変換  電荷
ニ トーナル  バイナリ  G1形  G2形  G3形  バイナリ  300
ホ 電荷  静電潜像  静電潜像  記録電極 
ヘ 380   250 
[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-10-11 21:19 | 工事担任者(AI種) | Comments(2)

1.下記の図は、シンセサイザー方式のPB信号発信回路のブロック図を示したものである。
動作原理を順番に並べなさい。

c0023584_16434283.jpg



( )-( )-( )-( )-( )-( )


(1)直・並列回路で分周された周波数(シリアル信号)をパラレル信号に変換する。

(2)基準クロッキをキーデコーダーの分周器により、n分の1分周周波数として直・並列回路に送る。

(3)キーデコーダーでプログラマブル分周器の分周数をセットする。

(4)混合、増幅されて電話機回路へ送出される。階段状正弦波は、低域フィルターにより不要な高調破が除去され、ひずみの少ない正弦波になる。

(5)段階状正弦波を合成する。

(6)水晶振動子(3.58MHz)とマスターオッシレーターにより基準クロック(3.58MHzを4分の1に分周した895KHz)を発生させる。


解答
)-()-()-()-()-(
[PR]
by mikannohanasakuok | 2005-10-10 16:49 | 工事担任者(AI種) | Comments(0)