カテゴリ:健康( 44 )

心房細動

 房細動、私が十何年か前に医師から告げられた病名だが、詳しいことが分からなくて、人に話したりするときに、「不整脈があって心臓弁膜症で、心房細動がある。」と説明していたが、今日の新聞記事に心房細動の詳しい説明が載っていて全貌が明らかになった。不整脈も、心臓弁膜症もすべて一体のものであることを。

心臓は1分間に60~100回ぐらいの割合で、正しくリズムを刻んでおり、これを洞調律といいます。
これが余計な刺激などで乱れた状態を不整脈といい、その中でも1番多いのが、「心房細動」です。
心臓が1分間に300~600回も震えるため、結果として脈がバラバラになり、不自然に脈が速くなります。
動悸息切れで見つかることもありますが、約70%は無症状です。
心臓が震えるだけでしっかり動かないため、血流がよどみ、脳梗塞のげんいんいなります。
脳梗塞の危険性が高い患者は、血が固まるのを防ぐ薬の服用が必要です。
また、不必要に脈が速くなるため、心不全の原因になります。.........。
                        2015.8.23「読売新聞」より

なるほど。自分の病気がどのようなものか、これで理解できた。



[PR]
by mikannohanasakuok | 2015-08-23 08:24 | 健康 | Comments(0)

c0023584_15445537.jpg

本の女性は2010年まで26年連続で長寿世界一だったが、東日本大震災の影響などで途切れ、その後、再び2年連続で世界一となった。因みに日本人の平均寿命は、男女とも終戦直後の1947年(昭和22年)は50歳代だった。058.gif
[PR]
by mikannohanasakuok | 2014-08-02 15:54 | 健康 | Comments(0)

スロトレの勧め!

 ロトレ、スロー・トレーニングの略。
私の当時の体重は64kg、標準体重は62kgでやや肥満気味だ。運動は1日10,000歩を目標に歩くようにしているが、日によって5,000歩だったり、2,000歩だったり、よく歩く方だが他には特に運動はしていない。
標準体重に近づけようと食事制限などをしたがあまり効果が無かったし、食事制限は結構つらい。

あるとき雑誌でスロー・レーニングの記事が目に入った。特に惹かれたのが「1日10分、週2~3回でもOK」の見出し。短い時間だったら続けられるだろうと挑戦してみることにした。スロトレを始めて何年ぐらいになるか忘れたが、64kgjあった体重が57~58kgに減量。しかも食事も普段以上に食べているのにである。

お年寄りとか女性にも出来るし、自分の体力に合ったエクササイズが出来るし、器具や費用も要らない。是非お勧めしたい。インターネットでもいろいろ紹介されている。お試しあれ!!
[PR]
by mikannohanasakuok | 2013-03-21 09:59 | 健康 | Comments(0)

c0023584_17213827.jpg

生労働省は26日、2011年の日本人の平均寿命を発表した。男性が前年より0.11歳短い79.44歳、女性が0.40歳短い85.90歳で、1985年から26年間、長寿世界1位だった女性は、86.7歳の香港に抜かれた。男性も前年の4位から8位に後退した。


2012.7.27「読売新聞」より


2008年世界の平均寿命
[PR]
by mikannohanasakuok | 2012-08-01 17:30 | 健康 | Comments(0)

禁煙10か条!!!

 日からタバコが値上げされた。この機に「禁煙を!」と考えている人が多いいと思うが、私も禁煙を宣言して何度も失敗している。禁煙を宣言してから成功するまでに1年かかった。禁煙して3日目が一番辛い。この3日目を乗り越えると60~70%は成功したといえる。

禁煙10箇条

  1. みんなの前で禁煙を宣言する。
  2. 禁煙を宣言したら宴会や飲み会など酒の席を避ける。酒の席ではアルコールが入るので意思が弱まる。
  3. 水を飲んでニコチンを早く体内から出す。タバコを吸いたくなったら水を飲む。
  4. タバコを吸っている人の側に近寄らない。タバコの香りを嗅ぐとタバコ屋に走りたくなる。
  5. 三日目が一番辛いので、三日目は何としても乗り切る。ここを乗り切ると禁断症状がかなり弱くなってくる。
  6. タバコを自分で買わないで人に集る。そのうちに仲間から疎んじられタバコをもらえなくなる。非常に消極的な方法。
  7. 口が寂しくなるので飴を舐める。
  8. ニコチンパッチとかの禁煙治療に頼らない。タバコをやめられても薬をやめられなくなる。
  9. 禁煙が続くと、ここまで禁煙したから1本ぐらい吸っても大丈夫だろういう気持ちになってくる。でも、ここで吸ったら今までの苦労も水の泡。
  10. かなりの禁煙期間が続いても油断は禁物。タバコを吸いたいと言う欲求は1年ぐらい続く。ただし禁断症状はだんだん弱くなっていく。

 ニコチンの禁断症状は強烈だ。何ヶ月たってもタバコを吸ってしまった夢を見る。タバコを吸ってしまって「ああ、タバコを吸ってしまった。断腸の思いでやっとタバコをやめたのに!今までの苦労が水の泡だ。なんて俺は意志が弱いのだろう」。と飛び起きたら夢だった・・・・。ということが何回もあった。
[PR]
by mikannohanasakuok | 2010-10-01 20:20 | 健康 | Comments(0)

c0023584_21293846.jpg

 ンなど炭水化物を減らす「低炭水化物ダイエット」を続けると、気分が憂鬱になったり怒りっぽくなったりする。

オーストラリアの研究チーム、24歳から64歳までの肥満の人106人を対象にした研究結果。炭水化物を極端に減らすダイエットは肝臓障害をもたらすなどの問題が指摘されていたが、精神面にも影響を及ぶことが分かった。。

2009.11.15「日本経済新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2009-11-16 21:31 | 健康 | Comments(0)

ひとり酒は危険!

c0023584_72856.jpg

 人で酒を飲むより、仲間と飲む人のほうが脳卒中になる危険度が低いことが、厚生労働省研究班(班長=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の調査で分かった。

40~69歳の男性約1万9000人を、「週1回以上話す友人の数」や「秘密を打ち明けることのできる人の有無」なのど質問を基に社会的な支えが多い群と少ない群に分け、1993年から約10年間調査した。

調査中に836人が脳卒中や心臓病を発病。エタノール換算で
■ 週300g(ビール大瓶で1日2本程度)未満の飲酒の場合
社会的支えの多い群は、脳卒中の発病危険度が飲まない人の0.7~0.8倍と低く、社会的支えの少ない群は1.2~1.8倍になった。

■ 週の飲酒量が300g以上になると、両群と、飲まない人より脳卒中の発病危険度は高くなった。

■ 心臓病の発病危険度は、社会的支えに関係なく、飲酒によって下がった。

2009.7.2「読売新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2009-07-04 07:32 | 健康 | Comments(0)

新型インフルエンザ

c0023584_194856100.jpg

 染者が世界で拡大している新型インフルエンザのウィルスは、

     1.鳥インフルエンザ
     2.人の香港型インフルエンザ
     3.北米の豚インフルエンザ
     4.ユーラシア大陸の豚インフルエンザ

の4種が交雑した型であることが判明した。ただし、ウィルスは「強毒型」鳥インフルエンザと異なり、重篤な全身感染を引き起こす遺伝子が欠けている。このため、「大流行してもそれほど大きな被害は出ないのではないか」との見解もある。

2009.4.30「読売新聞」より

因みに「豚インフルエンザ」の呼称は「インフルエンザA(H1N1)」と改められた。
[PR]
by mikannohanasakuok | 2009-05-01 19:59 | 健康 | Comments(0)

「BMI 22.5~25」死亡率最低

c0023584_16271383.jpg

 国心臓財団などの研究グループは、肥満の程度を表す「BMI」が、22.5~25の人だと死亡率が最も低いとする研究成果を、英医学誌「ランセット」に発表した。

 BMIと死亡率との関係を調べている欧米を中心とした世界57の研究について、約90万分人のデーターを分析した結果、22.5~25の範囲より高くても、低くても、死亡率が増加した。

 この範囲を超えた場合、心臓病や糖尿病、腎臓病などが原因で死亡する人が多く、BMIが30~35だと2~4年、40~50だと8年~10年、寿命が短かった。一方、BMIが22.5未満の場合には、呼吸器系の病気や肺がんで死亡する割合が高くなった。033.gif

2009.4.16「読売新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2009-04-19 16:39 | 健康 | Comments(0)

一生の間に打つ心拍数

c0023584_2024057.jpg

 生の間に打つ心拍の合計は、どんな哺乳類でもほぼ15億拍(回)で同じ-----。様々な生物学者らがこんな調査結果を発表してきた。この理論を人間へ応用すると人間の総心拍数は「24億拍」ほどになるらしい。

  そこから導かれる寿命の公式は
   
      寿命(分)=24億拍÷1分あたりの心拍数

1分間の心拍数が70回なら寿命は約65年、心拍数が60回なら約76年・・・・・・・・(1年を52万5600分として計算)。心拍数を減らせば、寿命が延びる可能性がある。ただし、極端に心拍数が少ない「スポーツ心臓」は、逆に短命になるとも言われる。053.gif

2009.3.13「読売新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2009-03-13 20:29 | 健康 | Comments(0)