カテゴリ:技術( 26 )

IPアドレス枯渇!

 前からIPアドレスの枯渇が指摘されていたが、遂に現実のものになってきた。世界各地のアドレス管理団体に対する最後の配分は4日未明にも終了し、日本の割り当て分は今年10月頃にも底をつく見通しだ。

IPアドレスは2の32乗「4294967296通り」の異なる数値を表現できるが、既に42億個以上が使用されている。次世代アドレスの「IPV6」は事実上無尽蔵となるが、プロバイダーに多額の設備投資が必要となることもあって、移行はまだ十分進んでいない。
008.gif

2011.2.4「読売新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2011-02-04 09:13 | 技術 | Comments(0)

世界一の電波塔

c0023584_20404181.jpg

田区に建設中の電波塔『東京スカイツリー』の高さを、従来の610メートルより約24メートル延長し、634メートルに計画変することになった。これにより東京スカイツリーは世界一の電波塔となる。

2009.10.17「日本経済新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2009-10-19 20:42 | 技術 | Comments(0)

c0023584_2265337.jpg

2009.9.13「日本経済新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2009-09-14 22:08 | 技術 | Comments(0)

 モジラ財団(Mozilla Foundation)は2008年6月11日(米国時間)、ブラウザーの新版「Firefox 3」を2008年6月17日に正式リリースすることを明らかにした。また同時にリリース候補版(RC)3を公開した。日本時間では18日早朝となる。

 Firefox 3は、性能や安定性、描画の正確性などを大幅に向上したレンダリングエンジン「Gecko 1.9」を採用するブラウザー。セキュリティや使い勝手の強化なども図っている。同財団は「34カ月以上に及ぶ実開発期間ののち、何千もの人々の協力を得て、正式リリースをアナウンスできることを誇りに思う」としている。

 同日公開されたRC3での変更点は、Mac OS X関連の修正のみ。WindowsやLinuxのユーザーにとっては、RC2から変更はないという。

「ITpro最新ニュース」より

Download Day 2008
[PR]
by mikannohanasakuok | 2008-06-13 15:33 | 技術 | Comments(0)

「超音波霧化分離技術」

c0023584_20424086.jpg

 ルコールが混ざった水は、水面の部分にアルコール分子が多く存在する。下から超音波を当てると、表面の部分が霧になる。これを回収すると、アルコール濃度が高い酒が得られる。アルコール濃縮に加熱の過程を経ないため、酒の風味が損なわれない。濃縮を繰り返せば、アルコール分を99%以上に高めることもできる。

 霧化には気化熱が必要ないので、火を使う従来の蒸留方法に比べ、消費エネルギーは3分の1で済む。超音波はメガネの汚れ落としや自動ドアの感知装置など、身近な場所で使われているが、長らく人類が頼ってきた蒸留技術にとって代わる日が来るかもしれない。

2008.5.26「読売新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2008-05-26 20:53 | 技術 | Comments(0)

携帯電話33億台!

c0023584_13334539.jpg

 世界の携帯電話契約台数が2007年末に33億台に達し、世界人口の約半数、49%を占めることが分かった。発展途上国でも飛躍的に普及しており、今後も大きな伸びが期待される。
2008.5.24「日本経済新聞」より


携帯電話がゴリラを救う!
携帯電話、現在よりも50倍の高速通信が可能!
[PR]
by mikannohanasakuok | 2008-05-26 13:41 | 技術 | Comments(0)

c0023584_21432155.jpg

 携帯電話には様々な希少金属(レアメタル)が使われているが、その1つ「タンタル」は、マウンテンゴリラの生息地であるアフリカのコンゴ民主共和国でも産出されている。
世界で携帯電話が普及する中、タンタルを採掘しようと、ジャングルが荒らされ、ゴリラの生存が脅かされているという。

 環境NGO「A SEED JAPAN」が、携帯電話に使われている希少金属(レアメタル)の回収キャンペーンを始めた。同NGOは使わなくなった携帯電話を回収して業者に売り、1台につき約50円の収益を得る。その収益を全額、マウンテンゴリラの保護に取り組む「世界自然保護基金」(WWF)
などに寄付をする。
2008.5.12「読売新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2008-05-12 21:46 | 技術 | Comments(0)

c0023584_19152013.jpg

 高層ビルをダルマ落としの様に下から順番に解体する工法が某建設会社で開発された。通常、ビルは上から取り壊すが、低層階で柱を切断しながら外装やはり床など地面近くで解体する。ビルを下から解体する工法は世界初という。

 下から解体する工法は耐震性が著しく低下するなどの理由から難しいとされていた。建物の基礎部分と地階の床を連結して特殊な構造物「コアウオール」を建物内に設置することで下からの解体を可能にした。

下から解体する工法の利点として

  1. 粉塵の周囲への飛散防止
  2. 廃材の分別作業が容易(リサイクルできる品目が従来の2倍の21品目になる。)
  3. 解体材の荷卸の時間が減り工期も10~15%短縮
  4. 作業者の安全の向上

etc.


2008.4.15[日本経済新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2008-04-15 09:26 | 技術 | Comments(0)

c0023584_1411743.jpg

 2004年10月23日に起きた新潟中越地震から3年もたたないうちに、震度6強の強い地震が新潟で発生した。(16日午前10時ごろ)

 日本列島付近では、太平洋側にある太平洋プレートとフィリピン海プレートが陸の下に沈みこんでいる。海側のプレートが押す力に対し、陸のプレートが押し返すように力が働き、そのひずみがたまる。それが限界に達し、解放される過程で地盤がもろい部分の断層が破壊され、地震が発生する。

  ①1847年善光寺地震(M=7.4)
  ②1858年飛越地震(M=7.0~7.1)
  ③1891年濃尾地震(M=8.0)
  ④1909年江濃地震(M=6.8)
  ⑤1948年福井地震(M=7.1)
  ⑥1964年新潟地震(M=7.5)
  ⑦1995年阪神大震災(M=7.3)
  ⑧2004年中越地震(M=6.8)

2007.7.17「読売新聞」より

[PR]
by mikannohanasakuok | 2007-07-17 21:26 | 技術 | Comments(0)

純度99.9999999%の銅   

 99.9999999%という9が9個並ぶほど純度の高い銅を作ることに日鉱金属が成功した。不純物を検出する測定技術の限界レベルで、金属の純度をここまで高めた例はないという。高純度の銅を原料にして純度を高める,電解という工程を工夫して銀やシリコンなどの不純物を極限まで除去する。さらに、いったん溶かして塊にする工程でも、不純物が一切混入しないようにした。

 電線などに使われる銅は99.99%が一般的。9が8個並ぶ純度の高い銅が最高で、音質に優れる高性能の音響機器のケーブルなどに使われている。純度が高いと電気抵抗が低くなるため、エネルギー損失が少ない送電やノイズが低い信号伝送など付加価値の高い用途の電線に利用できると見られている。
2007・7・3「日本経済新聞」より


 確かに付加価値の高い電線に利用できそうだが、純度の高いものって当然値段も高いから、電線の盗難に会う純度(?)も高くなりそう。


[PR]
by mikannohanasakuok | 2007-07-03 18:59 | 技術 | Comments(0)